1. HOME
  2. エキゾースト
  3. O2シグナルコンバーター
  4. O2シグナルコンバーター ESC01H

O2シグナルコンバーター

O2シグナルコンバーター ESC01H

O2シグナルコンバーター ESC01H

独自のロジック解析でECU診断エラーを解消!

マイナーチェンジを経て進化したハイエースのエンジンコントロールシステム。最新の排ガス基準に適応すべく、センサーをはじめとするシステム全体の見直しが図られました。ところが、あろうことか高性能メタル触媒への交換による排気効率アップを空燃比センサーが「触媒異常」と誤認識してしまい、その結果、エンジンチェックランプを点灯させるという深刻な事態を引き起こしたのです。“Thunderbolt O2シグナルコンバーター”は、独自のロジック解析から導き出したプログラムによってセンサー信号を制御し、ECU診断エラーによるトラブルを回避できる唯一の高性能ユニットです。このユニットの使用で最新モデルにも“スーパーキャタライザー”を装着することが可能となり、すべてのハイエースにおいてその溢れるほどのパフォーマンスを堪能できます。

商品名
O2シグナルコンバーター
商品コード
ESC01H
価格
¥28,000 (税込 ¥30,800)
納期
即納可能
車種 適合型式
ハイエース TRH200系(2010.08~)

数量

  • thunderbolt

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

  • 当製品は、2010年8月以降のハイエースに“スーパーキャタライザー”を装着する際に必要となるアイテムです。

  • 車体およびセンサー個体差等の影響により、すべての車両においてシステムエラーを回避できる保証はありません。

  • 最先端のロジック解析から導き出したプログラムによって、センサー出力信号を制御。
    最先端のロジック解析から導き出したプログラムによって、センサー出力信号を制御。
  • テクノロジーを凝縮した独自のシステムを専用プリント基板に搭載。
    テクノロジーを凝縮した独自のシステムを専用プリント基板に搭載。
  • センサーからの情報をECUが「触媒異常」と誤診断した結果、エンジンチェックランプが点灯。
    センサーからの情報をECUが「触媒異常」と誤診断した結果、エンジンチェックランプが点灯。
  • 運転席シート下に位置するECUカプラーに、電源/アース/入力/出力を結線するだけの簡単装着。
    運転席シート下に位置するECUカプラーに、電源/アース/入力/出力を結線するだけの簡単装着。
  • ※ディスプレイの特性上、商品画像と実際の商品では色調が異なって見えることがあります。
  • ※製品本体および付属品の仕様は、改良のため予告無く変更する場合があります。