1. HOME
  2. ストッパー
  3. ハイトダウンサポーター
  4. ハイトダウンサポーター SBB05H

ハイトダウンサポーター

ハイトダウンサポーター SBB05H

ハイトダウンサポーター SBB05H

ヘルパーリーフの作動ポイントを最適化!

​主にバン仕様のハイエースに装備されるヘルパーリーフ。幾重にも重なるリーフスプリングの最下段に位置するヘルパーリーフが作動することで、積載重量に応じて効果的にレートアップを図るバリアブルレート機構が採用されています。しかし、残念ながら、特に空積載時などは唐突にヘルパーリーフが作動してしまうため、それによって引き起こされる突き上げが乗り心地を損なう要因となっているのが現状です。“ハイトダウンサポーター”は、ヘルパーリーフの前後に装着されているゴム製クッションを低反発の軟質樹脂パッドに交換することで作動時のショックを緩和し、スムーズなレート変化による安定した乗り心地を実現します。薄型形状がもたらす車高のチョイ下げ(約5ミリ)効果も相まって、街乗りハイエースには絶好のアイテムです。

保安基準適合部品
商品名
ハイトダウンサポーター
商品コード
SBB05H
価格(本体)
¥2,800
納期
即納可能
車種 適合型式
ハイエース TRH/KDH/GDH200系(バン/コミューター)
※TRH214W/TRH224W/TRH219W/TRH229W適合不可
※2個/セット(1台分/2セット必要)

数量

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

  • ローダウン仕様車に限らず、あらゆる車高に対応しています。

  • 当製品をヘルパーリーフのフロント側へ装着することで車高が約5ミリダウンします。 ※車両のグレードや個体差、積載重量によっても変動します。

  • 当製品は保安基準適合品ですが、車検については検査員の判断が優先されますのでご注意ください。

  • Q.ヘルパーリーフの前側と後側では、どちらに装着するのが有効ですか? A.車高のチョイ下げを狙うのであれば前側、乗り心地重視であれば後側に装着してください。 乗り心地の向上を最優先に考えるのであれば、前後とも装着するのが最も効果的です。

  • Q.ハイトダウンサポーターの性能は永遠に持続しますか? A.素材の性質上、経年使用に対する硬化や変形が避けられないことから、性能を維持できる期間は限られてしまいます。 最高のパフォーマンスを発揮させるためにも、消耗品と考えて2年ごとの定期交換をお勧めします。

  • 当製品には硬度の低い合成樹脂を使用しています。 経年使用に対して、変形・潰れの発生する可能性のあることをご理解ください。

  • 当製品は以下の車両型式には適合しておりません。「TRH214W/TRH219W/TRH224W/TRH229W」

  • ■純正クッションラバー:フロント側
    ■純正クッションラバー:フロント側
  • ■ハイトダウンサポーター:フロント側
    ■ハイトダウンサポーター:フロント側
  • ■純正クッションラバー:リア側
    ■純正クッションラバー:リア側
  • ■ハイトダウンサポーター:リア側
    ■ハイトダウンサポーター:リア側

数量

  • ※ディスプレイの特性上、商品画像と実際の商品では色調が異なって見えることがあります。
  • ※製品本体および付属品の仕様は、改良のため予告無く変更する場合があります。