1. HOME
  2. ハイトダウン
  3. O.H.レベリングアジャスター
  4. O.H.レベリングアジャスター SDBDHC

O.H.レベリングアジャスター

O.H.レベリングアジャスター SDBDHC

O.H.レベリングアジャスター SDBDHC

純正O.H.装着車必須の光軸補正ブラケット!

《純正オプションヘッドランプ装着車にとって、なくてはならない必需品!》
現行モデルになって純正オプション設定された「オートレベリング機能付バイキセノンヘッドランプ」。​しかし、この便利な機能があだとなり、ローダウンした場合にある問題が発生します。それは、後輪軸に設置されているハイトコントロールセンサーが車体後部の沈み込みとして感知し、光軸を自動的に下向きに調整してしまうのです。“O.H.レベリングアジャスター”は、センサーリンクをダウン量に応じた位置に移動することで、下がった光軸を正常な高さへと補正するアイテムです。

◎2.0インチ(-50ミリ)~4.0インチ(-100ミリ)までのローダウンに対応!
ブラケット本体に調整の目安となるダウン量を表示。0.5インチごとに設けた目盛りに装着するだけで簡単に希望の補正量にアジャスト。

保安基準適合部品
商品名
O.H.レベリングアジャスター
商品コード
SDBDHC
価格(本体)
¥3,200
納期
即納可能
車種 適合型式
NV350 E26
※純正オプションヘッドランプ装着車専用

数量

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

  • 当製品はローダウン仕様車専用部品です。 標準車高に対し、2.0インチ(-50ミリ)以上のローダウンを想定して設計されています。

  • 当製品は保安基準適合品ですが、車検については検査員の判断が優先されますのでご注意ください。

  • 意匠登録(第1482511号)

  • 当製品は「純正オプションヘッドランプ」装着車専用部品です。 ハロゲンヘッドランプ仕様車には装着できません。

  • ■純正ブラケット(MC前)
ローダウンによってありえない角度まで達したセンサーアーム。センサーはこの状況を荷重による車体後部の沈み込みと判断。
    ■純正ブラケット(MC前)
    ローダウンによってありえない角度まで達したセンサーアーム。センサーはこの状況を荷重による車体後部の沈み込みと判断。
  • ■O.H.レベリングアジャスター(MC前)
センサーリンクをダウン量に応じた位置にセットすることで、センサーアームを適切なポジションへと修正。
    ■O.H.レベリングアジャスター(MC前)
    センサーリンクをダウン量に応じた位置にセットすることで、センサーアームを適切なポジションへと修正。
  • ■純正ブラケット(MC後)
ローダウンによってありえない角度まで達したセンサーアーム。センサーはこの状況を荷重による車体後部の沈み込みと判断。
    ■純正ブラケット(MC後)
    ローダウンによってありえない角度まで達したセンサーアーム。センサーはこの状況を荷重による車体後部の沈み込みと判断。
  • ■O.H.レベリングアジャスター(MC後)
センサーリンクをダウン量に応じた位置にセットすることで、センサーアームを適切なポジションへと修正。
    ■O.H.レベリングアジャスター(MC後)
    センサーリンクをダウン量に応じた位置にセットすることで、センサーアームを適切なポジションへと修正。

数量

  • ※ディスプレイの特性上、商品画像と実際の商品では色調が異なって見えることがあります。
  • ※製品本体および付属品の仕様は、改良のため予告無く変更する場合があります。