当製品は応力解析データにもとづき最適な補強バランスに設定されています。
万が一、車体の特定部分に偏って剛性を上げた場合、ガラスが割れる等の弊害が起こる可能性がありますので、他メーカーの補強アイテムと組み合わせる際には十分ご注意ください。