排気効率とあわせて改善することで相乗効果が期待できます。
製品本来の性能をフルに発揮させるためにも、“スーパーキャタライザー”と併用することお勧めします。