1. HOME
  2. トーションバー
  3. ハイパートーションボルトキット
  4. ハイパートーションボルトキット SDTBKH

ハイパートーションボルトキット

ハイパートーションボルトキット SDTBKH

ハイパートーションボルトキット SDTBKH

絶対的な信頼感と抜群の作業性、まさにローダウン革命!

《 It's probably the toughest design ever‼︎ 》
​ハイエースのローダウンに直接かかわるアイテムといえば、リアアクスルとリーフスプリングの間に挟み込むダウンブロックが一般的。では、フロントについてはどうでしょう? 通常は、トーションバーをボディ側に固定しているアンカーアームの角度を調整することで車高を変化させます。また、その機構はハイエースに標準で備わっており、構造自体はシンプルで不具合を感じません。ところが、調整作業を繰り返し行ったり、強化タイプのトーションバーへ変更した場合には強度的な問題が生じることも事実です。そこで、強度と作業性を徹底的に追求したアンカーアーム調整ボルトを開発しました。

◎基本設計から見直した、最強の車高調整システム!
強靭なクロムモリブデン鋼をベースにM12からM14へとボルト径を拡大。それにともない、ナットをはじめとする各構成部品を基本設計から見直すことで、手荒くあつかっても破断や折損の心配がない最強の車高調整システムを構築。

保安基準適合部品
商品名
ハイパートーションボルトキット
商品コード
SDTBKH
価格(本体)
¥8,400
納期
即納可能
車種 適合型式
ハイエース TRH/KDH/GDH200系

数量

  • 鍛造

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

  • ローダウン仕様車に限らず、あらゆる車高に対応しています。

  • 当製品は保安基準適合品ですが、車検については検査員の判断が優先されますのでご注意ください。

  • 当製品には、VIA(日本車両検査協会)発行の「強度試験証明書」を添付しております。 車検および構造変更時に提示することで安心して検査をうけられます。

  • 当製品はインパクトレンチ対応ですが、ボルトおよびナットに高負荷がかかる状況下での使用は控えてください。 1G(接地)状態を避け、必ずジャッキアップした状態で調整作業を行ってください。

  • 度重なる調整作業に耐えられず、破断や折損といったトラブルがあとを絶たない、純正のアンカーアーム調整ボルト。
    度重なる調整作業に耐えられず、破断や折損といったトラブルがあとを絶たない、純正のアンカーアーム調整ボルト。
  • とにかく強く、そして壊れない!
驚異的な強度と抜群の作業性を誇る車高調整システム“ハイパートーションボルトキット”。
    とにかく強く、そして壊れない!
    驚異的な強度と抜群の作業性を誇る車高調整システム“ハイパートーションボルトキット”。
  • アンカーアーム先端部の限られたスペース内にM14サイズの極太アンカーボルトをセット。
    アンカーアーム先端部の限られたスペース内にM14サイズの極太アンカーボルトをセット。
  • インパクトレンチを使用した車高調整作業にも余裕で対応。
※ジャッキアップ状態に限る
    インパクトレンチを使用した車高調整作業にも余裕で対応。
    ※ジャッキアップ状態に限る
  • 海水や融雪剤に含まれる塩素が原因による錆や腐食から守るため、耐食性に優れるステンコート処理を採用。
    海水や融雪剤に含まれる塩素が原因による錆や腐食から守るため、耐食性に優れるステンコート処理を採用。
  • スライディングシートと接する面を半球状にすることで、ボルトとアンカーアーム間のクリアランスを一定に保つ。
    スライディングシートと接する面を半球状にすることで、ボルトとアンカーアーム間のクリアランスを一定に保つ。
  • ネジ部に深刻なダメージを負った、純正のアンカーアーム調整ボルト。
    ネジ部に深刻なダメージを負った、純正のアンカーアーム調整ボルト。
  • ■断面図による純正との比較
    ■断面図による純正との比較

数量

  • ※ディスプレイの特性上、商品画像と実際の商品では色調が異なって見えることがあります。
  • ※製品本体および付属品の仕様は、改良のため予告無く変更する場合があります。