1. HOME
  2. スタビライザー
  3. REAL FORCE チューンドスタビライザー
  4. REAL FORCE チューンドスタビライザー SSR02H

REAL FORCE チューンドスタビライザー

REAL FORCE チューンドスタビライザー SSR02H

REAL FORCE チューンドスタビライザー SSR02H

“Balance of Power” 慣性と重力の支配。

《路面と一体になる異次元のコーナリングフォースを体感せよ!》
耐衝撃性・耐疲労性に優れた強靭なSUP材を使用し、卓越した技術をもつ熟練工が一本ごとに手曲げで成形した渾身の逸品。走行テストを繰り返すことにより導き出したレート設定と独自の機能が、ハイエースのポテンシャルを確実に向上させます。

◎バランス重視の絶妙なレート設定!
材質と構造をゼロから検討し、乗り心地を損なわない理想的なレートアップを実現。
※レート参考値:純正比120 %

◎4WD車両のローダウンにつきものだったトラブルを解消!
スタビエンドの形状を最適化することで、異音の発生原因でもあるロアアームとの干渉を防止。

◎“ローフリクションジャーナルブッシュ”付属!
耐荷重性能と摺動抵抗の低減を最新技術によって両立させた、“ローフリクションジャーナルブッシュ”を標準装備。

◎コーナリング時のロールを抑制!
ロール剛性を効果的に高めることにより、コーナリング時のアンチロール性能を向上。

◎突風にも負けない直進安定性!
突然の横風に見舞われても車体の傾きを素早く収束。高速域での安定したドライビングに貢献。

◎抜群の信頼性を誇る純正クオリティ!
製造元「中央発條株式会社」の徹底した品質管理のもと、自動車メーカーの純正部品と同じ規格で生産。 
※JAPAN MADE by CHUHATSU

保安基準適合部品
商品名
REAL FORCE チューンドスタビライザー
商品コード
SSR02H
価格(本体)
¥46,000
納期
即納可能
車種 適合型式
ハイエース TRH/KDH200系 標準ボディ(4WD)

数量

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

下のアイコンをクリックすると詳細がご覧になれます。

  • ローダウン仕様車に限らず、あらゆる車高に対応しています。

  • 4WD専用

  • 当製品は保安基準適合品ですが、車検については検査員の判断が優先されますのでご注意ください。

  • レート参考値は代表的な車両の数値をもとに計算しています。年式・グレード等の違いによる個別の設定については反映されておりません。

  • 1.0インチ(-25ミリ)以上のローダウン車両に装着する際は、製品本来の性能をフルに発揮させるため、“ショートスタビブラケット”と併用してください。

  • ダウン量にともないスタビライザーと接近する4WD車両のロアアーム。接触すれば擦れて異音の原因に。
※純正スタビライザー(上)との比較。
    ダウン量にともないスタビライザーと接近する4WD車両のロアアーム。接触すれば擦れて異音の原因に。
    ※純正スタビライザー(上)との比較。
  • ローダウン車両への対応も考慮し、エンドテーパー部の位置と曲げ角度を最適化。
※純正スタビライザー(上)との比較。
    ローダウン車両への対応も考慮し、エンドテーパー部の位置と曲げ角度を最適化。
    ※純正スタビライザー(上)との比較。
  • スタビライザーをスムーズに摺動させるため、ジャーナル部分の真円度を追求。ジャーナルブッシュにかかる負担を軽減するとともに滑らかなレート変化をアシスト。
    スタビライザーをスムーズに摺動させるため、ジャーナル部分の真円度を追求。ジャーナルブッシュにかかる負担を軽減するとともに滑らかなレート変化をアシスト。
  • 熱処理 → セッチング → ショットピーニングの順に工程を重ねていくことで、許容荷重と耐疲労性の向上を図る。
    熱処理 → セッチング → ショットピーニングの順に工程を重ねていくことで、許容荷重と耐疲労性の向上を図る。
  • 飛び石や融雪剤などによるサビの発生を防ぐ粉体塗装を施す。磁気深傷検査完了後に印字される『REAL FORCE』ロゴが高品質の証。
    飛び石や融雪剤などによるサビの発生を防ぐ粉体塗装を施す。磁気深傷検査完了後に印字される『REAL FORCE』ロゴが高品質の証。
  • スタビライザーの性能をフルに引き出す“ローフリクションジャーナルブッシュ”を付属。
    スタビライザーの性能をフルに引き出す“ローフリクションジャーナルブッシュ”を付属。

数量

  • ※ディスプレイの特性上、商品画像と実際の商品では色調が異なって見えることがあります。
  • ※製品本体および付属品の仕様は、改良のため予告無く変更する場合があります。